BCPって何?BCPの意味や目的などを紹介!

会社を継続できるようにするための計画がBCP

BCPとは日本語に訳すと事業継続計画の事で、地震や台風、火災など大規模な災害が発生した後も、会社を継続、運営できるようにするための計画を指します。もし、大規模災害が起きた時に、迅速かつ有効な手段が打てなければ事業の縮小や撤退を余儀なくされ、場合によっては倒産に追い込まれるリスクも高まってしまいます。大規模災害など緊急事態が発生した際、会社の被害を最小限に抑えて、中心的な事業の継続又は迅速な復旧ができるよう、あらかじめ対策を立てておくことは必要不可欠です。そのため、BCPを立案したり改定する事は、会社の継続及び社員や取引先の顧客などを守るといった観点から見てもとても重要です。

災害時、燃料を供給してくれるサービスもある!

現在、BCP対策の一環として、自社でガソリンなど燃料の確保を行い、大規模な災害に備えている企業が増えてきています。特にガソリンは自動車やバイク、発電機などに用いられており、災害時には貴重な燃料になってきます。そこで今では、災害時に安定した燃料供給を行うサービスを提供してくれる企業が存在しています。これらの企業はBCP対策用として専用の貯蔵タンクを保有しており、災害発生時には優先して契約先に出荷してくれる仕組みとなっています。また配送する為の専用車両も多数用意されていて、いつでも24時間365日出動できるような体制が取られています。こうしたサービスを利用すれば、災害で被災した場合でも、事業の継続は可能になり、復旧も迅速に行えるでしょう。

BCP対策は多くの企業にとって重要です。災害時にビジネスを継続させるために各企業が海外にバックアップ拠点を設置するなど対策をとっています。