酸洗い処理の特徴と方法

金属を熱による処理を行なったり溶接した局面で引き起こされる色焼け、あるいは酸化によって生じる錆等を、硫酸あるいは塩酸等の酸性の非常に強い液体によりまして取り除く処理が酸洗いになります。汚い部分を取ることに加え、多様な用途があります。ひとつの例として、メッキ処理をする前に酸洗いをするという事は大原則です。メッキ前に酸によって表面を滑らかにしておかなければ、処理のミスの危険性が高まります。チタンにおいて光沢を持たせる時にも酸処理は本領発揮します。どちらの用途にしても、酸洗いに関しては研磨といった他処理と照らし合わせるとローコストのため、たくさんの工場で活用されています。

酸洗いを行う目的とメリット

酸洗いの目的のひとつ目は、後から行なわれる処理そのものを簡便化することといえます。ひとつの例として、加工処理する前の金属に対しまして、酸洗いに取り組むことで、手間のかかる研磨処理を減らせます。酸浸漬という名のステンレスの表面を再活性させる処理に関しても、酸洗いのひとつになります。酸浸漬によりまして、ステンレスにつきましては、固有の錆びづらい特性を簡単に取り戻すことができますので、非常にメリットが大きいといえます。これとは別に、エッチングと呼ばれる処理があります。エッチングと言いますのは、型抜きなどを通じて出現してくる不必要な出っ張りなどを除くことを意味します。どちらにしても、酸洗いを実施することで必要な作業を短くし、製造のための費用を抑えられます。

酸洗いは金属を酸に漬ける事でゴミ取りをすることを指します。表面が見違えるほど綺麗になり加工もしやすくなります。