目の前で測量するお店が良い

ダイヤモンドの価値は4Cと呼ばれる要素で選定されます。価値を占める要素で重要となっているのが重量です。重いものほど値段も高くなる傾向があるのでお店を選定するときは目の前で計量してくれるところがおすすめといえます。売るかどうかもわからないダイヤモンドを見えないところに持っていかれると少し不安に感じるでしょう。

正しく計量してくれるのかもわからないので注意が必要です。接客テーブルの前で計量してくれるのなら自分で確認することができるので安心といえます。

しっかりした内訳を提示してくれるお店にする

一般的にダイヤモンドは指輪やネックレスに使われています。売却をするときはダイヤモンドの値段だけでなくリングやネックレスの素材も関係するので、買取価格はダイヤモンド単体よりも上昇するのが普通です。

またブランド品ならブランド力も考慮されて買取価格は上がります。単純にグラム当たりの買取金額が高いお店を選定すると損をする可能性があるので注意です。人気のあるブランド商品ならブティック系の買取サービスに持っていくといいでしょう。トレンドを知り尽くしているのでブランド力も考慮した買取金額となっています。

素材に関しては買取価格がお店により変化し、プラチナなら単価3000円のところもあれば3300円のところもあるので複数お店を回るのが無難です。

手数料も考慮して選ぶ

お店では買取金額そのままの値段ではなく手数料が差し引かれます。実質買取価格は低くなるので手数料の有無を調べておくといいでしょう。

ダイヤモンドの買取は他の宝石と違い、4Cと呼ばれる査定基準があります。カラット、カラー、クラリティー、カットの4つで、それぞれのイニシャルの頭文字を取って4Cと表しています。