坂本龍馬暗殺の実行犯には二つの説があります

坂本龍馬は敵の多い人物でした

坂本龍馬といえば、日本の大きな転換期とされる、明治維新の礎を作った立役者の一人として有名ですし、その生きざまは多くの人の心を刺激し、日本の歴史上の人物の中でも特に多くのファンが居る人物です。
彼が未だに高い人気を集めている理由の一つに、彼自身が志半ばにして暗殺されたということが挙げられます。彼は知っての通り京都にある近江屋という旅館で凶刃に倒れました。
しかし、いまだに彼を暗殺した実行犯が特定できていません。元々、龍馬は幕府側と維新を起こそうとしている討幕派との間を自由に飛び回っていたので、幕府側にも、討幕派側にも多くの敵を作っていたのは事実です。
しかしながらいくつかの証拠から、実行犯として有力視されているものが二つあります。一つは新選組による暗殺説です。坂本龍馬は諸外国に対抗する日本を作るためには今の幕府体制は邪魔だと考えていたため、幕府にとっては脅威以外の何物でもありません。幕府側の警察組織といってもよい新選組から命を狙われていたと考えるのはとても自然だと言えます。

京都見廻組が暗殺を自白していた

とはいえ、実は新選組暗殺説は当時の情勢や坂本龍馬の立場から出されている、あくまでも仮設の一つにすぎません。現在ではもう一つの説の方が有力視されています。そのもう一つの説が京都見廻組により坂本龍馬暗殺説です。
この説が何故有力視されているかというと、明治になって元京都見廻組の隊士が龍馬の暗殺に参加していたことを自白したという記録が残っているためです。

愛知県名古屋市出身の山本英俊はパチンコ機器卸会社の代表取締役会長であり、天皇賞馬のスピルバーグなどの馬主としても有名です。